Javaサポートをインストールする方法

目次:

Javaサポートをインストールする方法
Javaサポートをインストールする方法

ビデオ: Javaサポートをインストールする方法

ビデオ: Javaサポートをインストールする方法
ビデオ: 第1回 超初心者向けJavaインストール方法【2021年最新版】Java installation method for super beginners [2021 latest version] 2023, 十一月
Anonim

多くのアプリケーション(たとえば、OpenOffice.orgやArduino IDE)、およびブラウザのJavaアプレット(スクリプトではない)は、システム内のJava仮想マシンの可用性に依存します。この仮想マシンは無料でマルチプラットフォームです。

Javaサポートをインストールする方法
Javaサポートをインストールする方法

指示

ステップ1

パーソナルコンピュータにJava仮想マシンをインストールするには、最初にWebサイトにアクセスします

ステップ2

お使いのコンピュータにインストールされているオペレーティングシステムがサポートされているリストに含まれているかどうかを確認してください。 Mac OS Xマシンは特殊なケースです。つまり、OS自体を使用してJava仮想マシンをインストールする必要があります。

ステップ3

OSのJavaインストールファイルが配置されているセクションに移動します。このセクションの「今すぐ確認」のリンクをたどってください。次に、赤い[Javaバージョンの確認]ボタンをクリックします。コンピュータにこの仮想マシンがあるかどうか、ある場合は更新が必要かどうかがわかります。

ステップ4

コンピュータで本当にJavaをインストールまたは更新する必要がある場合は、オペレーティングシステムに適したインストールファイルをダウンロードしてください。

ステップ5

RPM形式のインストールファイルを、この形式をサポートするLinuxディストリビューションにインストールし、次のようにインストールします。

rpm -i filename.rpm

これを行う前に、rootとしてログインしてください。

ステップ6

自己解凍ファイルをインストールするには、rootユーザーとしてLinuxにログインし、AdministratorユーザーとしてWinodwsにログインします。その後、起動してインストーラーの指示に従ってください。

ステップ7

携帯電話用に設計されたJavaアプリケーションをコンピューターで実行できるようにするには、Microemulatorエミュレーターをダウンロードして、次のページからダウンロードしてインストールします。

ステップ8

必要なソフトウェアをすべてインストールしたら、それが機能することを確認します。いくつかのアプリケーションまたはアプレットを起動し、それらが機能することを確認します。上記の「Javaバージョンの確認」リンクを使用して、コンピューター上のこの仮想マシンのバージョンが最新であることを確認します。